珊瑚・シェルアクセサリー・Silver925 等・製造販売

びーねっと・ピュアシルバー工房のメインは「モノづくり」で、「人づくり」。

IT作業がメインだった小規模作業所時代、時の政権の構造改革で一気に公的受注が激減し、民間委託の業務だけでは厳しいと判断し休所すること約3年。その3年間に社福のB型事業所で勤務し日常生活支援のサビ管資格取得して、その後に就労支援のサビ管資格取得し、新法移行して、モノづくりに授産内容を変更。IT業務時代の実務は通販に活かし、モノづくりの中でも競合他社が一般企業以外無い銀製品鋳造加工と、宝飾用貝製品加工をメインとして、そこに地元の名産でもある珊瑚加工販売も珊瑚職人の雇用で生まれたのが今の、「びーねっと・ピュアシルバー工房」です。
中でも、モノづくりは、いろんな意味合いを持たせています。収益性はもちろんですが、モノづくりの好きな人は障がい者と言えども多い。好きな事を職業に出来たらいいなと思う気持ちを受け止めて、「モノづくり」を通じて、「人づくり」をしていこうと考えました。 いくら好きでも、技能がなければ仕事にはなりません。 当然うちに来た時点で、「モノづくりが好き」以外に誰もが持っている技能は有りません。
宝飾貝加工や珊瑚加工は退職した珊瑚職人から直伝してもらい、そうして身につけた技能を代々引き継いでいるのが、びーねっと・ピュアシルバー工房の授産活動です。

技術を習得するまでには個人差がありますが、元が「モノづくりが好き」という人を雇用しているので、みんな必死で技術を習得しようと日々修練しています。
しかし、特殊技能ですから、販売できるレベルのものが作れるようになるまでに時間もかかります。うちに来て初めてハンドモーターを持った人達を職人に育てなくてはいけないのですから。
そこが「人づくり」に繋がってくるのです。
今までいくつもの事業所や企業を短期間で渡り歩いて来た人が、今でも働いている現実。 そこに「モノづくり」は「人づくり」というキーワードがあるのです。
好きだから続けられる!
好きだから努力しようとする!
そうした「好きな事」だから、続けて居られるのです。「好きな事」だから、自ら努力をしようとします。
結果、「人づくり」に繋がるのです。
軽度自閉の人は3年かけて、技術を身につけ、販売できる物が作れるようになり「モノづくり」の過程で発生する各種作業もこなせる様になりました。コミュニケーションも大きく改善されました。
ただ、全ての人が「モノづくり」できる様になるかと言えば、難しい場合もあります。両手が使えなくては作業的に難しい製造ですが、販売なら出来る。
そして今の製造と販売の働き方が産まれました。 出来る人には両方で働いてもらい、体調に合わせて製造と販売の働き方を選んでもらい、結果として離職者も減り、長期就労者が増えました。
製造を最初に体験して貰う事で、商品の特徴や、どういうアピールポイントが有るのかを身をもって覚えてもらい、販売に活かす事を大事にして居ます。
職種を限定しないから「人づくり」も幅が広がります。
こうした就労の大きな基本は「好き」なことで有る事!
なので、びーねっと・ピュアシルバー工房に就労希望の人の第一条件は「モノづくりが好き」な人であること!
志望動機が「モノづくりが好きな仕事」である人は知的・精神・身体、3障害受け入れて居ます。
就労現場にはいろんな障害の人が当然居ます。中でもそういう人間関係で厳しい人や時にはクールダウンした環境が良い事もあり、ストレス軽減した製造部門も別棟に増設し、モノづくりだけに集中できる環境づくりも整備しています。
人と人が共にひとつ屋根の下で働くわけですから、相性問題も就労支援の大きな課題です。そいう面も7年間の中で見てきて、製造でのストレス軽減作業整備を実現しました。 結果、作業効率はアップしました。
障害や個性が強くても、良いものを作る人も多いのが、「モノづくり」の良い所。
そして賃金を得て、生まれ育った地元で自立生活移行を目指す人が増えています。
障害年金を家族に搾取されている人も… そういう人が自立生活を出来る様に、本人の手元に年金がきちんと入る様になりGH利用で生活できる様にとの自立生活移行活動も積極的に行って居ます。
そして、法人設立以前から長年続けてきた視覚障害者音声パソコン指導も、高知点字図書館の講師派遣で継続しています。 他にも就労支援事業所向けのソフト開発販売も手掛けており、日本中の多くの事業所に利用いただいています。

このページでは、以下、主に授産のメインで有る製造部門のご紹介をさせて頂きます。 アメブロやFC2などブログでも日々更新していますので、日々の動きはブログをご参照ください。技術的な内容のものはジャンル分けしてブログ記事にまとめてあります。 スタッフブログは利用者たちが交代で月曜〜金曜まで毎日更新しています。 施設長ブログは公私を交えて技術的なことや福祉に対する不満など盛りだくさん←です。
「このHPは、そうしたブログへの橋渡しの役割を持たせており、びーねっと・ピュアシルバー工房の基本概念などを紹介するに留めた物です。」

「モノづくり」は、人を成長させます!だから「人づくり」なのです!

びーねっと・ピュアシルバー工房では、デザインから、加工・販売まで全ての工程を自社内で行なっております。

サンゴや銀地金の高騰などに左右されつつも、地域のご支援・ご協力でリスクを最小限度に抑えています。

現在、通販本店サイトと、Amazon支店、Yahoo!支店にて、直販売しております。
2017/11現在、銀、黒檀、珊瑚、象牙、夜光貝、鹿の角、水牛の角、マッコウクジラの歯アクセサリー等、他店に無いオンリーワンアイテム作りに励んでいます。

本珊瑚・宝飾用貝加工

当工房では、地元の熟練珊瑚職人を指導員として雇用し、本珊瑚加工を全ての工程から行なっております。

珊瑚原木も高騰し、一般珊瑚店でも仕入が出来ない厳しい時代になっていますが、特に珊瑚が少ないというわけでは無く、近隣国の買い占めで地元の珊瑚も入手が厳しくなっています。

びーねっと・ピュアシルバー工房では、土佐式研磨(小割りした珊瑚原木を樽の中で土佐瓦のかけらで荒磨きします)で、素材の珊瑚を下処理して、彫りを入れたり、根付け用のパーツにしたり全ての加工を行なっています。

現在、高知県内の福祉就労支援事業所で、珊瑚加工を行なっているのは当工房のみです。

珊瑚も、室戸周辺で採れる土佐沖血赤珊瑚を筆頭に、大月周辺で採れる桃色珊瑚や、深海珊瑚、ミッドの白珊瑚などを原材料に、お手頃価格の商品を製作しております。

血赤珊瑚

↑血赤珊瑚の枝です。

桃色珊瑚と違い、血赤珊瑚は余り大きくなりません。その分、大きな原木は数千万円することもざらです。昨今は、血赤珊瑚も異常な高騰で(近隣国のバブルで、他国バイヤーに買い取られ、必然的に地元でさえ、高騰して、職人さん達も手が出せない状況)

その分、ス入り珊瑚が見直され、以前は通好みのス入り珊瑚でしたが、今では価格も高騰!

ちなみに、一般珊瑚店では、余り語っていませんが、珊瑚にも当然ランクが有り、生木・枯れ木・落ち木・ス入りと、大きく分けることが出来ます。

生木は、その名の通り、珊瑚虫が生きて成長している生きた珊瑚(ご存じでしょうが、宝飾珊瑚は、珊瑚プランクトンの集合体です)。

枯れ木は、岩には付いてはいるけれど、珊瑚虫が活動やめた、それ以上、成長しない状態。

落ち木は、枯れ木が折れて、海底に落ちた状態。

ス入りは、落ち木が虫食い状態の部分を総称します。

価格ランクは、当然、生木が一番高価です。違いは、色つや。透きと呼ばれる透明度など。素人目で見比べても、違いがすぐにわかりますが、庶民には手が出ないお値段に!

枯れ木や、落ち木は、生木と比べると色つや・透きが、やはり落ちますが、それだけ見れば、素人には区別が付きません。そこが珊瑚職人の仕上げの腕次第!

ス入り珊瑚といえども、大きなものになると、高値が付きます。表面だけ虫食いでも、きれいな中心部分は健在ならば、立派な原木として活かされます。

一口で、血赤、桃色、深海と書いていますが、それぞれ更にカラーグレードが違います。一般的に、桃色や血赤珊瑚の成長点は白くてそこから色が出てきます。血赤珊瑚の先端になれば、透きの入った白になります(成長点と言っても、必ず中心にあるとは限りませんが)。斑(ふ)とも呼ばれ珊瑚の未だ知られざる部分でもあります。血赤や桃色などでは、大体裏側に近い方に出来、枝分かれの部分ではその分、斑も枝の方向に分かれています。

珊瑚の裏表、ご存じですか?
原木の見た目で言えば、ゴツゴツした方が裏で、なめらかな方が表になります。海流の方向に沿っていると言われています。思い浮かべてみてください。潮の流れに流されながら生きている珊瑚。強い潮流に押される方が自然となめらかで、その反対側が珊瑚プランクトンも活動しやすいわけです。

血赤珊瑚は、必ずと言って良いほど、裏側に虫食いが有ります。美味しいのでしょうね(笑)。

血赤珊瑚

↑血赤珊瑚の表側

ス入り血赤珊瑚

↑ス入りの血赤珊瑚。酸上げされて艶があります。酸上げしても艶の出ないものもあると職人が言っていました。

血赤珊瑚の場合、通常は酸上げせず、バフで仕上げて艶出しする方が多いです。

珊瑚と、一口に言っても、血赤と桃色、加工の時点から、全く異質です。

続きはアメーバブログサンゴ加工で。

 

糸鋸

オンリーワンをモットーにオーダーメードもお気軽価格で承ります。
ご相談下さい。
お買い求め頂いた商品のクリーニング、修理も承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。
個人の方からのオリジナルアクセサリーのオーダーもお受けいたしております。

大切な人へ、ご自分へのご褒美に、心を込めたプレゼントを!

銀製品製造

↑K18とSV925のコンビネーション

鋳造機

 ↑真空加圧鋳造機

溶接機

↑精密溶接機

3D小型彫刻機も使用しています!


珊瑚の薔薇

びーねっと・ピュアシルバー工房事業では、珊瑚加工も取り入れ、年季の入った地元の珊瑚職人を指導員として雇用し、土佐珊瑚独自の技術を取り入れて珊瑚(血赤・桃色・深海など)はもちろん、夜光貝・白蝶貝・黒蝶貝・コンクシェルを使用した彫物等を製造販売しております。是非ご覧下さい。

白珊瑚の菊の花


日々の出来事や、鋳造、貝加工、珊瑚加工など、ブログにも書いておりますので、お時間ございましたらご覧下さい。(時々、気まぐれに、内容が消えますが( ̄∇ ̄;))

夜光貝

 ↑夜光貝(研磨済み)

白蝶貝・夜光貝のウサギ

↑今後、こうした立体額作品も制作致します!

珊瑚絵も制作中!